RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

ピッコロ・テイル(ちいさなしっぽ) blog...

沖縄のワンちゃん旅行をサポートします!
<< ペット旅行のビジネスクラス8 | main | 1st Anniversary >>
参考にしたHOTEL4
0
    外国を旅していると東洋系の風貌をしている私たちは、年齢不詳に見られることも多々あります。
    北米でスポーツバーに入って、地元のスポーツファンと一緒になって地元チームを応援してみたい!と思い足を運んだまではいいのですが、エントランスでいかにも強そうなお兄さんに、足止めされ「何歳?」と、30過ぎでも訊ねられていました。
    西洋の人々から見て、東洋系の人々は若く見られがちで、時として大きなホテルでも「子ども扱い」を受けることもあります。

    しかしながら、本当に素晴らしいホテルでは、ゲストにはサービスを受ける権利があることを、すべての従業員に徹底しています。しかも、ホテルの従業員のみならず、テナントに入っているレストランやショップまで、実に気持ちのいい応対で迎えてくれます。

    地中海に面したちいさな国、モナコ公国にあるHotel de Paris、自動車レースF1モナコグランプリのコースで丘を登りきったところに位置する、貴婦人の佇まいを感じさせるホテルでは、実に素晴らしいゲストサービスに出会うことが出来ました。

    ロビーを歩いていても、ホテル内の内装を鑑賞していても、誰かに「見守られている」感じがしました。決して「見られている」のではないのです。

    また、HotelのメインダイニングであるLe Louis XVでも、「若く」見られる私たちにも、最高のサービスを提供して貰いました。
    その時、ダイニングテーブルの上には、小さな、しかしながら精巧な小鳥のシルバーが飾ってありました。後になって判ったことですが、クリストフル社製の「小鳥」だったのです。

    ゲストの方々に、一瞬一瞬を気持ちのいいものに仕上げて頂くために、Piccolo Tailでも、お客様と大切なワンちゃんを「見守る」こと、そして、いろいろなところに小さな「!」を散りばめて、予期せぬちょっとした感動をご提供して行きたいと思っています。
    | 世界のHOTEL | 00:18 | - | trackbacks(0) | - | - |
    http://blog.piccolotail.com/trackback/372346