RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ピッコロ・テイル(ちいさなしっぽ) blog...

沖縄のワンちゃん旅行をサポートします!
<< 参考にしたHOTEL4 | main | お客様からのフィードバック(感謝) >>
1st Anniversary
0
    Piccolo Tailのキャラクター : チワシーサーです。
    あけましておめでとうございます。
    新しい年、2008年、Piccolo Tailも1周年の節目を迎えることが出来ました。
    これも、ひとえに、ご滞在頂いたゲストの皆様をはじめ、お問い合わせ頂いたりHPやBlogを訪れて頂いた未来のゲストの皆様、いろいろな局面でそっと助けてくれる近所の「おばあ」たち、Piccolo Tailを支えて下さったすべての皆様のおかげだと、感謝の念をあらためて感じております。
    Thank you to all those who have provided/rendered/granted invaluable support to Piccolo Tail!

    ご滞在いただいたゲストの皆様のなかには、Blogの中でPiccolo Tailをご紹介くださった方も多くいらっしゃいます。(ありがとうございました。)ご滞在の感想の中で、よく頂戴するフィードバックの中に、「ワンちゃんにも、人間にもうれしい設備・備品がある」とのフレーズがあります。
    宿とゲストのコミュニケーションは、言葉によるコミュニケーションだけでは終わりません。ゲストの方々が、五感で感じられるあらゆるもの、さらにはワンちゃんが人間以上に敏感な五感で感じるものを通して飼い主さんが感じられること、これらの五感がキャッチした情報も、宿とゲストの重要なコミュニケーションではないでしょうか。
    Piccolo Tailでは、「こだわり」も、ひとつのコミュニケーションだと思います。
    1.ゲストルームのコンセントの位置
    洗面台の照明器具および取付け位置、
    3.ご滞在いただくお部屋のルームプレート
    4.お部屋のワーキングデスクの耐荷重量
    5.ベッドエリアの照明

    「1」は、ゲストルームのコンセントの位置は床から50cmの位置に設置しており、小さなワンちゃんが誤ってマーキングしてしまったり、また、舐めてしまうことがないように考えました。
    「2」については、お化粧やお手入れの際、鏡に映ったお顔に影の部分が出来ないように、パリ・コレクションなどのDefile(Fashion Show)のバックステージのライティング手法を模してみました。
    「3」も、ご滞在いただくゲストの皆様が滞在中にご自宅の表札代わりに、ゲストルームの「顔」として親しんでいただけるよう、ハワイアンタイルで南の島の雰囲気を醸し出してみました。
    「4」は、ワンちゃんと一緒に安全にご滞在いただくために、万一ワンちゃんがデスクの下で寛いでいるときに、ゲストの方がデスクに体重を掛けても天板が折れるなどして、ワンちゃんが怪我をしないよう、特注で製作してもらいました。(ご滞在の機会がございましたら、天板の厚さをご確認頂けます。)
    「5」は、お気づきのゲストの方も多くいらっしゃることと思いますが、ベッドに横になった状態で、照明グレア(眩しさ)を感じないように照明器具を配置しました。また、ベッドで読書をされる方のために読書灯を設置していますが、お一人が読書、もうお一人が就寝されるという状況を想定し、お隣のベッドの読書灯の光源が目に入らないように、慎重に照明器具と設置位置を吟味いたしました。

    私たちの国内および海外旅行経験から、「!」と感じたものは貪欲に取り入れ、「?」と思ったことに対しては、妥協せずに対策を講じてきました。
    もちろん、ここに例として取り上げた点は、多くの「こだわり」の中のごく一部に過ぎません。
    さらに、ひとつひとつの「こだわり」を進化させ、また、新たな「こだわり」を具体化していくことにより、Piccolo Tailが、ゲストの皆さんや将来のゲストの方々にとって、「大切な愛犬と休日を過ごしてみたい」宿であり続けたいと思います。
    そして、いつの日か「愛犬家だけに独占させるにはもったいない」宿として、一般の旅行者にも認知して頂けるよう、本年も努めてまいりたいと思います。

    本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

    | Piccolo Tail Story | 00:41 | - | trackbacks(0) | - | - |
    http://blog.piccolotail.com/trackback/541761