RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

ピッコロ・テイル(ちいさなしっぽ) blog...

沖縄のワンちゃん旅行をサポートします!
ペット旅行のビジネスクラス7
0
    ちょうど10日前、台風4号が沖縄本島に接近してきました。航空会社も早々に欠航を決めJALの羽田発那覇行きは、7月12日12:40発の便を最後に、それ以降の便は欠航となってしまいました。
    台風の目が名護市のすぐ西の海上を通過して行ったのは7月13日のお昼ごろでした。暴風圏の中でも最も風雨が荒れ狂う台風の目のすぐ東側に位置していたわけですから、最大瞬間風速では60m前後あったのではないかと思います。
    Piccolo Tail(ピッコロ・テイル)の裏のお屋敷に住む、敬愛すべき「おばあ」によると、史上最大の台風だったようです。開業して初めて経験する台風が「史上最大」だとは。。。
    逆に考えてみると、今回の台風をほとんど無傷で乗り切ることができ、また台風に対する備えについても改善点がはっきりしましたので、今後は心理的に余裕を持って対応することができそうです。

    Piccolo Tail(ピッコロ・テイル)に、「ほとんど被害が無かった」ことは決して偶然ではありません。
    設計段階から、地元の設計士と入念に打合せを行う中で、「海からの風雨からどうやって開口部を守り抜くか」について時間をかけて議論いたしました。最も頭を悩めたところが、「窓ガラス」と「雨戸」でした。
    「窓ガラス」は、客室の眺望を確保するために両開きの引き戸を採用したことによってガラス面が大きくなり飛来物があった場合に、割れるリスクが増大してしまうという問題がありました。「ガラスが割れる」ということは、ワンちゃんにとって大切な肉球を傷つけてしまいます。そこで、「窓ガラス」には別注で、「割れにくい、割れても飛び散りにくい」仕様で仕上げて貰いました。。
    さらにその「窓ガラス」を守り抜く「雨戸」は、既製品では金属製のものが多く、風に吹かれたときに発する金属音にワンちゃんが反応しすぎる可能性があるので不採用としたものの、強度・デザイン性・ワンちゃんにとって不快な音を出さない、という3つの条件を満たすものを見つけることは、「窓ガラス」の問題以上に困難を極めました。ところが、ある日、昔の旅先での写真を整理しているとき、イタリアのシチリア島のタオルミーナ近くGiardini Naxosの海岸に建っている宿に泊ったときのことを思い出しました。その宿では、両開きの木製雨戸を使っていました。また、客室の開口部も外側から、木製雨戸 – ガラス窓 – 木製の内戸という構造で、風雨から室内を守っていました。この3層構造をそのまま、Piccolo Tail(ピッコロ・テイル)で再現しました。

    今回の台風では、場所によって透明ガラスがすりガラスのように傷ついてしまった建物もあるようです。被害に遭われた方々に対しお見舞いを申し上げるとともに、一日でも早い完全復旧を目指して、頑張って行きましょう!
    | Piccolo Tail Story | 23:57 | - | trackbacks(0) | - | - |
    ペット旅行のビジネスクラス6
    0
      お仕事や日常の生活で忙しくご活躍の皆様ほど、「休暇がとれたら、リゾートでゆっくりしたい!」とお考えのことと思います。
      私たちも、東京で働いていたときには、「南の島のリゾート」への憧憬が強く、「この仕事が落ち着いたら、南の島に行くぞ!」と、毎日自分たち自身を奮い立たせていました。

      「リゾートに求められるものは何?」との質問をお受けすることがあります。
      海があって、ビーチがあって、おいしい料理があって、ゆっくりできる快適な場所。。。
      人間にとっての「快適な空間」とWanちゃんにとっての「快適な空間」は、少し違った条件もあります。

      Piccolo Tailの看板チワワたちは、金属音に敏感に反応します。
      ちいさなWanちゃんたちにとって、ちょっとした金属音もストレスになり、時にはショックを受けて元気がなくなってしまうこともあります。

      Piccolo Tail(ピッコロ・テイル)では、ゲストルームをはじめ館内の設備や備品類をできる限りWanちゃんたちにとって不快な音を発生しない素材のものを選びました。
      床材はテラコッタタイルを使っていますので、特にテーブルや椅子は木材やプラスチック製のものを準備いたしました。

      また、客室にご用意していますコップやグラスも、ガラス製ではなくアクリル製のものを選びました。万一落として割れたときにも、スリッパを履けないWanちゃんたちの肉球を傷つけないために、と考えました。

      すべては、Wanちゃんとの楽しい思い出作りのために!
      | Piccolo Tail Story | 10:39 | - | trackbacks(1) | - | - |
      ペット旅行のビジネスクラス5
      0
        よく「目的手段」というフレーズを耳にしますが、宿の使い方にも当てはまるのではないかと思います。

        3年くらい前までは、ペットと一緒に旅行することが「目的」、宿はその「手段」として使われることが、多かったような気がします。つまり、宿はペット同伴を受け入れてくれるのであれば、共同風呂・トイレであっても、その存在自体が貴重であった時代です。
        しかし、、、
        世界的なラグジュアリーホテルチェーンのThe Ritz-Carltonが、世界で初めてホテルの客室にシャワーを設置して、客室にて「お篭(こも)り」ができるようになり、一般的なホテルでは「快適な滞在」が追求された結果、現在では素晴らしい客室設備を備えたホテルが数多く誕生しました。
        このように、ペットと泊れる宿も、これから日々新しい形態へと進化を続けて行くのではないでしょうか。

        Piccolo Tail(ピッコロ・テイル)でも、次世代のペットと泊れる宿にバトンを渡すことができるよう、私たちがワン連れで日本全国を旅行していたときに気がついた、ワンちゃんとゲストに優しい「あったらいいな」を創ってみました。
        客室フロアに続く階段は小型犬にも優しく、段差を15cm、奥行きを32cmとりました。
        胴長のダックスさんでも、ちいさなチワワちゃんでも、元気に駆け上がっていきます! また、夜間の照明も「ワンちゃん目線」で考えて、階段の段差部分に埋込み型のLED照明を設置してみました。

        Piccolo Tailでの滞在が、ゲストの皆さんのご旅行の「目的」となれるよう、日々「快適な滞在」を追求していきます!
        感謝とともに!
        | Piccolo Tail Story | 14:02 | - | trackbacks(1) | - | - |
        参考にしたHOTEL3
        0
          沖縄は、先週梅雨入りの発表がありました。
          「梅雨」から連想されるもの...雨、湿気、紫陽花、雨傘。。。
          そして、ワンちゃんのお散歩には、いつも以上に気を遣いますね。

          この梅雨の雨、実はインドのカルカッタ沖合い、ベンガル湾出身なんです。ベンガル湾で蒸発した水蒸気が、ミャンマー・ラオス・ベトナム・中国南部・台湾を経由して沖縄、そして日本本土へ雨を降らしているのです。
          この「梅雨」の通り道にあたるハノイ・香港・台北・那覇・東京は、すべて温帯の温暖湿潤気候区に分類されています。

          遥か彼方で空に舞い上がった蒸気が、
          5000キロも旅して「梅雨」となり、
          アジサイを潤し、ホタルの舞を演出する。
          体に纏わりつく、インド洋の水蒸気を感じながら、
          異国の地に思いを馳せる。


          こんな梅雨の楽しみを存分に味わえる宿が、伊豆・修善寺のあさばです。
          あさばの素晴らしさは、世界の一流ホテル顔負けのHospitalityにあると思います。従業員とゲストの間合いがすごく気持ちのいい距離に保たれており、「あ、これが欲しかったんだ!」と気づかせてくれる絶妙の「タイミング」「もてなし」

          Piccolo Tail(ピッコロ・テイル)でも、ゲストとワンちゃんに「そう!これ、これ!」と感じて頂ける手作りの「おもてなし」を、毎日 Plan-Do-Seeのサイクルで、頭を捻りながら(でも、楽しく!)考え出しています。
          すべては、ゲストとワンちゃんの思い出のために。
          | 日本のHOTEL | 02:09 | - | trackbacks(0) | - | - |
          ペット旅行のビジネスクラス4
          0
            今回は、Piccolo Tail(ピッコロ・テイル)での「ペット旅行のビジネスクラス」体験vol.2 をご紹介いたします。
            前回は、ゲストの皆様がいちばん長い時間お世話になるベッドについてお話しましたが、今回は、避けて通れない「トイレ」のお話です。

            先日、予約申込みのお電話を承っている中で、遠慮がちに「トイレはウォシュレット付いていますか?」と、ご質問を頂きました。
            普段、ご自宅ではシャワー機能付きのトイレを利用されていらっしゃる方が、Hotelでは従来型のものを使用された時、どのような感想をお持ちになるでしょうか?
            もちろん、一人一人感じ方は違うでしょう。
            しかし、従来型のトイレの方が好きだ!っという感想は聞こえてこないのではないでしょうか。

            Piccolo Tail(ピッコロ・テイル)では、ゲストの皆様が快適にVacationを過ごして頂けるよう、可能な限り「ゲストの視点」で設備・備品を用意いたしております。
            ご滞在の際には、Piccolo Tail(ピッコロ・テイル)でしか味わうことのできない、ちょっとした「!(サプライズ)」もお楽しみ下さい!

            すべては、ワンちゃんとゲストのために!
            | Piccolo Tail Story | 02:33 | - | trackbacks(0) | - | - |